農業に種類って?? 

シロバナツユクサ
シロバナツユクサ


今回は、前回の流れから
「体と環境にやさしい農業の技術を学ぶ」 について書きたいと思います。

皆さん農業って種類があるって知ってました?

ぼくは正直ぜんぜん知りませんでした(汗)
それこそビニールハウスの目的すら知りませんでした。
ただなんとなく農薬は嫌だなぁ~って位で。


ところが調べてみると農業の種類ってそれこそ数え切れないほどあることがわかりました。
では、ざっくりとほんとにざっくりとですが、いくつか代表的な農法を挙げてみますね。

従来通りの慣行農法
これは日本では一番多い農法です。
すごく簡単に言うとJAの定めたマニュアル通りに行う農法。
特徴としては、農薬もJAの定めた回数は必ず使いますし、除草剤も防かび剤などもビシバシ使います。
皆さんがスーパーなどで目にする野菜はほとんどがこれです。
畑も皆さんのイメージ通り、生えているものは野菜だけで土は丸裸です。
メリットとしては、マニュアル通りに作って規格にあったものができたらJAが100パーセント買い上げてくれます。

次に自然農法

これは「わら1本の革命」などで有名な福岡正信先生の提唱された農法
誤解を恐れずにまたまた簡単に言うと、植物は勝手に育ちたかったら育つのだからとりあえず種だけまけばいいと。
あと育つか育たないかは自然にまかせるって感じですかね。

その為畑に手はほとんどいれません。
結果どこから畑でどこから荒地か傍目には見分けられません(笑)
ですが周りがバブルで浮かれきっていた時代にこういう農法に目を向けられた福岡先生はやはり偉大です。
これはもはや農法というより生き方や哲学かも。


最後に、有機農法(オーガニック)。


これは皆さん耳にする機会も多いかと思います。
では、有機農法とオーガニックの違いはというと、ざっくり言うと同じものです。
ただ登録認定機関の検査・認証を受けものが、有機JASマークを付けられるということ。
しかし莫大なコストがかかるため個人の農家さんが認証をうけるのはほぼ無理です。

この農法の特徴は、野菜を育てる事にとどまらず、野菜が育つための土、またその土壌に住む微生物の活動をサポートすることにより、より自然に近い形での循環をつくりだすものです。
そのため、虫に対しても、畑の雑草に対しても敵対する立場をとらず、あくまでも自然の循環のなかのバランスをとることに留意します。
もちろん農薬、化学肥料、除草剤などは循環を壊すという意味で使いません。

しかし、この農法の難しい点は、自然は今年のようにあくまでも気まぐれで、例年通りということが通用せず、それこそ野菜1つ1つに違ったサポートを必要とすること。
そのため、一括管理ができず大規模農家や大量生産には向きません。
また、JAの定めたマニュアル(要は農薬散布)をおこなっていない為、JAはいっさい買い取ってくれません(泣)。
農業協同組合なのにぃ~。
そのため独自の販売ルート構築が必要。


ぼく個人としては、この有機農法に魅力を感じます。
あくまでも現段階での理想ですが、有機農法をベースに自然農法のスパイスを加えられないかと思っています。

まだまだ無農薬栽培と有機農法の違い
はたまた不耕起栽培や固定種、F1種などの種の問題などがありますが、その辺はまた後ほど。



スポンサーサイト
trackback --  |  comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2拍手ランキング

カウンター