わたくしWWOOFはじめました! 

aan (350x232)

こんにちは。

突然ですがみなさんWWOOF(ウーフ)ってご存知ですか?


オーガニックや環境保全に積極的なオーストラリアが発祥の「オーガニックな暮らしを実践する人と、それを学び、体験したいという人をお金を介さずにつなげる仕組み」です。


海外ではかなり一般的な仕組みですが、日本ではあまり知られてないのが現状です。


そんなウーフ、いつかは自分もはじめたいと考えていたのですが、ある程度受け入れの準備も整ってきたので思い切ってこの春からはじめる事にしました。


はじめるにあたっては、ウーフの日本版の窓口にあたるウーフジャパンに申し込みが必要になります。


そこに必要な書類等を添付した資料を送り、ウーフジャパンの方でウーフの受け入れに必要な各種要項を満たしているかの審査に通れば晴れてウーフホストとして登録される仕組みです。


審査では主にオーガニックな暮らし方や有機農業などに積極的に取り組んでいるかが大切なポイントになります。


というのも、元々が無農薬栽培や有機農業など環境に配慮した農業にかかる人手不足を解消する目的から始まった仕組みなので、単純にお金のかからない労働力としてみなすのはダメですよってこと。


そんなウーフをはじめたいと思った理由は、大きくわけて2つあります。


まずひとつは、無農薬や自然農法などの環境に配慮する農業を実際に見て触れる機会をつくりたいと思ったから。


自分自身もそうだったけど、普通に生活しているとあまりに農業に触れる機会がないですよね(汗)


日ごろ目にするのは、スーパーできれいに袋詰めされたきゅうりやトマト。


そのきゅうりやトマトがどんなところで育てられてどんな育ち方をしたのかまるで知らない事に驚きます。


それってやっぱりすこしいびつな状況かなと思います。



ふたつ目は、都会を離れて自然とともにある暮らしを求めて移住を考えている人はとても多いのですが、残念ながらその窓口はほぼありません(泣)


そもそもその土地を知るためのゆっくり腰をすえて滞在できる場所がありません。


地方に移住を考えている方にとってはその土地でどんな暮らし方ができるのか?農地は借りれるのか?空き家は?教育機関は?などなどたくさんの不安要素があると思います。


そういった不安に対する一番の答えは、実際にその土地で暮らしている移住者の体験に勝るものはないんじゃないかと思います。

でも、そこをつなぐ受け皿がないのが課題でした。


なので、ウーフという仕組みをつかって自分がその窓口になりたいなというのが理由です。


そのことで僕自身大好きなこの大三島に関わる人が一人でも増えてくれたらなんだかすごく楽しいですよね。


やっぱり都会での生活とは違う価値観で生活するという選択肢があってもいいんじゃないかなと思うんですよ。


自然も価値観も多様性が何より大切かなと。


そんな理由ではじめてウーフですがさっそく申し込みがありました。


その詳細はまた次の機会にお知らせしますね。


今回も長々とお付き合いくださりありがとうございました。

スポンサーサイト
trackback --  |  comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2拍手ランキング

カウンター