FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

有機農業の有機にかくされた真意とは(笑)!? 

20150208_110128 (640x480)

皆さんこんばんは。

今回はこの冬から貸していただいた柑橘園地の土と木の状態について書いてみたいと思います。


約1年半位島の有機農家さんのところで、いろいろな事を教えていただいているのですが、そこで教えていただいているすごく大切なことの中に土の見方があります。


よく土の話になるとPHがどうとか、チッソ分がどうとか何かと科学的な話になりがち。


図書館とかの農業系の本に書いてあるのもだいたいはそんな感じです。


もちろんそれはそれできちんと科学的に数値化してって事だとは思いますがなんだかちょっと無味乾燥な感じであまり楽しくない(苦笑)


それに土壌調査の機械がないとできないですし、土の状態っていっても園地のなかでまるっきし同じってわけでもないですよね・・・(泣)

じゃあいったいどうするのかと言うとお師匠いわく、「その園地の場所場所に生えてくる野草を見ればいい!!」とのこと。


具体的に言うと、

「野草はそれぞれ自分が生育するのに適した土壌をきちんと選んで生えてくる。という事は、どこにどんな野草が生えてくるかをきちんと観察さえしていれば、土壌調査なんてしなくても土の状態はしっかり把握できるよ」との事。


うーーーんなるほどーーって感じです。


さすがお師匠です。


だから、あんなに口を酸っぱくして雑草なんて草はない!野草それぞれ名前があるんだからきちんと覚えなさい!って言ってたのかぁーー。


1年半以上通って今やっと理解しました(汗)


確かに、お師匠が野草とかに興味を持たせてくれたおかげで、知らず知らずのうちに野草の名前や特徴もわかってきましたし、何より土、植物、日光、水、昆虫、微生物などの関係を有機的に結び付けて感じられるようになって来たような気がします。


もしかしたら、有機栽培の有機って有機物って意味だけじゃなくて、有機的に結びつくっていうような意味もあるのかも。


そうだとしたらますます魅了的で楽しい仕事ですね。


まだまだ見習いのへなちょこですが、いつかほんとの意味の有機農家になれるようがんばります。


だいぶ話が脱線してしまい長くなってきたので今回はこの辺りで。


次回は具体的にどんな土壌にどんな野草が生えてくるかの話ができればと思っています。


よければ次回もお付き合いくださいね。




スポンサーサイト
trackback --  |  comment (2)

PAGE TOP

コメント

みつけたよ♪
農業頑張ってるねぇ(^ー^)
お家までなおしちゃうなんてすごい!!
大変そうだけど田舎暮し楽しんでるね☆

tomo | #- | URL | 2015/02/18 17:07 edit

Re: タイトルなし

見てくれてありがとう!

都会で満員電車に揺られてるより断然楽しいよ!
意外となんとでもなるもんだって新ためて感じます。
コメントありがとうね。


> みつけたよ♪
> 農業頑張ってるねぇ(^ー^)
> お家までなおしちゃうなんてすごい!!
> 大変そうだけど田舎暮し楽しんでるね☆

吉川(よっしー) | #- | URL | 2015/02/19 09:59 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2拍手ランキング

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。