FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

たたけ♪叩け♪たぁたぁーけーー♪ 

20141109_160620 (640x480)
たたきを打つ前の台所

みなさんこんばんは。

今回も家の改修の話です。

前回、台所を三和土(たたき)にしよう!と思いたったとこまではお気楽でよかったのですが、実はこれがなかなか大変。

まず図書館やネットで調べても三和土(たたき)についての情報が非常に少なく、赤土、砂、石灰、にがりを混ぜ合わせて作るってとこまではわかったのですがその割合や工法などについてはほぼ謎(笑)

どーやら昔三和土をつくっていた左官さん達も地元でとれた土を使うのが一般的で、土の違いによってそれぞれの割合を変えていたみたいです。

まさにそこが職人の腕の見せ所的な(苦笑)


そんな訳でこれっ!という配合は無いみたいですね。


しかし赤土、砂、石灰の三種類の土をあわせるから三和土って呼ぶなんてあたり自分的に完全にツボで、ただただ感心してしまいます。

さらに機能性にも優れているらしく温度、湿度の調整を三和土が行うことで夏は涼しく冬はあたたかいそうです。


そんな優秀な三和土ですが、最近は家に土間自体がなくなってきていて今はほとんどなくなっているそうです(泣)

なんだか日本の古き良き伝統の技術が無くなっちゃうのはとーっても残念な気がします(泣)


そんな訳で我が家に三和土をーー!!ってことで実際にやってみました(笑)


今回用意したものを書いておきます。

・赤土(お隣の因島に壁土用の土を扱っているところから購入)
・砂(真砂土を同じところで購入)
・石灰(畑にまく用の消石灰を使用)
・にがり(にがり=塩化マグネシウムは高価なので塩化カルシウムで代用しました。路面の凍結防止材として売ってるやつ)

割合も参考までに書いておきますね。

赤土、真砂土=同量でバケツ2杯ずつ=計4杯に対し消石灰バケツ1杯 要は4:1です。

そこに塩化カルシウムを50g加えてひたすら混ぜます。

ある程度混ざったら水を加えます。

水の分量はかなり少なめです。

手でぎゅっーと握ってギリギリまとまる位の固さって感じです。

ここだけは慎重にやったほうがよさそうです。

基本的にセメントなどの様に硬化していく材料じゃないから水が多すぎると多分固まらないと思います。

とっても大変ですが固め固めにつくって叩いていくことで材料の中の水分をあげるような感じでしょうか(汗)


で、できた材料をだいたい5センチくらい敷き詰めます。

そしたら次は三和土の名前の通り、たたく、たたく、たたく・・・・・(泣)

ただひたすら、たたく、たたく、たたく・・・・・・。

それでもやっぱりたたく、たたく、たたく・・・・。


コツ的なものとしては、最初タコ足とよばれる丸太ににぎりをつけたものを試したのですが、たたくどころかべったりくっついちゃってNG。

いろいろ試したなかで一番使いやすかったのは通称ばた角と呼ばれる角材を40センチ位に切ったものをセットハンマーで叩くやり方でした。

大きな面はこれでやって壁際とか柱周りはもう少し小さな木材をつかいました。

ぼくの場合は一人での作業だったので手が届く範囲に敷き詰めてたたき、たたき終わってある程度平らになったら、こてを使って仕上げるという感じで行いました。


けっこう過酷と言えば過酷なので、もしやる予定のある方は何人か友達に集まってもらってワイワイやりながらの方がいいかもしれません(汗)


以下は作業の様子をアップします。

20141117_160447 (640x480)
研修先の農家さんから借りたコンクリートミキサーを使いました。


20141117_160459 (640x480)
水加減はダマダマになるギリギリくらい。


20141114_154703 (640x480)
奥の方から敷き詰めます。


20141117_160425 (640x480)
これがあんまり使えなかったタコ足くん(笑)


20141117_171053 (640x480)
叩いて叩いて表面が磨いたようになるまで叩きます(汗)


20141118_203601 (640x480)
今回大活躍だったバタ角さん。


20141120_090910 (640x480)
初めての三和土が完成です!
なかなかの仕上がり。

このまましばらく乾かします。

だいたい2日位で上に乗れるようになりました。

時間と供に固くなっていくので完全に仕上がるには1ヶ月位かかりました。

今回の三和土についてはこれで終了です。

長々とお付き合いくださりありがとうございました。

次回はたたみを剥がしてからの床上げの様子を書いてみようと思っています。







スポンサーサイト
trackback --  |  comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2拍手ランキング

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。